取扱い製品
×
受付時間 平日9:00~17:30
分析機器

レーザーラマン分光光度計

日本分光株式会社

優れたハードウェアに裏付けされたラマン測定

ラマン分光法は、赤外分光法と同じ振動スペクトル測定法ですが、サンプリングが赤外分光法に比べ容易で、赤外顕微鏡では不可能な微小部位の測定が可能などの特長がある反面、最適測定条件の検討や装置の光学調整等に、ある程度のスキルが要求されていました。

NRS-5000/7000シリーズは、顕微レーザーラマン分光光度計に要求される性能、機能を網羅し、システムの制御や光学調整等を自動化することにより、精度の高いデーターを安定して取得することができます。波数とラマン強度の自動補正、測定に関するアドバイス機能を搭載し、さらに高速イメージングへの拡張性も備えています。

レーザーラマン分光光度計

製品仕様

NRS-5000シリーズのモノクロメーターは、広いアプリケーションに対応した焦点距離300mmの高性能モノクロメーターを採用し、グレーティングを最大3枚まで搭載できます。低波数測定ユニットを搭載したNRS-5200は、10㎝-1の低波数領域まで測定できます。
NRS-7000シリーズのモノクロメーターは500mmの焦点距離を持ち、高分解測定を実現しています。グレーティングは最大4枚まで搭載することができます。NRS-7200は、超低迷光により5㎝-1の低波数領域まで測定できます。